霊能者インタビュー

ホーム > 霊能者インタビュー:星花(ほしばな)霊能者

電話鑑定SPRで多くの悩みを解決されている霊能者の先生にインタビュー!ふだんはなかなか知ることのできない、鑑定方法や霊能者の能力などについて、お話をしていただきました。

星花(ほしばな)霊能者

星花霊能者は、霊感と予知に優れていらっしゃいますが、自分に予知能力があると気づかれたのは、いつ頃だったのでしょうか?

星花霊能者「予知する力があるとわかったのは、小学生の時ですね。はじまりはすごく単純なことでした。ふとした瞬間、傘をさしている映像が頭をよぎったんです。数時間後、雨が降りはじめました。それが何度か続いたんです。最初はただの偶然かと思っていたのですが、そのうちに雨以外のことでも同じようなことが起きはじめました。映像でよぎったことが、数時間後に必ず現実で起きるということがわかり、私には何か特別な力があるのだと感じました」

では霊感は、いつくらいから感じましたか?

星花霊能者「やはり霊感も小学生の頃ですね。自分には着物を着た子供が見えているのに、家族の誰一人、その子供が見えないというのです。その時にはすでに、予知を経験していたので“ああ、こんなものも見えるのか”と、子供ながらに冷静でいられました」

電話鑑定には、どのようなご相談が多いのですか?

星花霊能者「恋愛相談が一番多いですね。30代から40代くらいの方のご相談が多いのですが、最近は相手がかなり年下というケースが増えているように思います」

鑑定は、どのように行なうのでしょうか?

星花霊能者「鑑定をはじめる前に、ゆっくり深呼吸をして、自分の中の気を調えます。それから鑑定をはじめます。お客様と電話がつながった瞬間、頭の中に映像が浮かんできます。お客様の現状、そして未来が、はっきりと見えます」

どのくらい先まで予知できるものなのでしょうか?

星花霊能者「波長が合いやすい方と、合いづらい人がいるので、一概には言えませんね。波長が合いやすい方ですと、かなり先の未来まで鮮明に見ることができるのですが、波長がなかなか合わないと、近い未来だけ…ということになる場合もあります。そう多くはありませんが。同じ人を鑑定しても、波長が合う時と合わない時で、見える範囲が変わってきますから」

ご相談者の方の体調なども関係しているのでしょうね。
では、今まで鑑定をしてきた中で、印象深いものを教えていただけますか?

星花霊能者「先ほど、相手が年下のケースが増えていると申し上げましたが、自分の子供の年齢に近い男性を好きになってしまったというご相談がありました。旦那さんとも、自分のお子さんともあまりコミュニケーションがうまくいっていなくて、その結果、出会い系サイトで会った男性と浮気をしてしまったんです。何度か会っているうちに、本気になってしまったというのです。未来を見てみると、かなり悲惨な状態が映りました。彼女は本気でしたが、浮気相手は単なる金蔓としか思っていないようです。そのことをはっきり告げた上で、家庭を円満にする方法を助言させていただきました。しばらくして、旦那さんや子供と、楽しく過ごせているとの連絡をいただいて、安心しました」

今の事例のように、あまり良い未来が見えない場合、星花霊能者ははっきりそのことを告げるのですか?

星花霊能者「人によりますが、基本的には告げるようにしています。私の役目は、見えたことを告げて終わり…ではなく、そうならないためにする方法を導き出すことなのです。未来は変わるものですから」

最後に、みなさんにメッセージをお願いいたします。

星花霊能者「どんな些細なことでもかまいません。悩みがあるという方は、気軽にお電話ください。貴女が素晴らしい未来を迎えられるよう、鑑定させていただきます」

"霊能者インタビュー"掲載記事

14年間で21万人を超える<span>鑑定</span>実績!

PAGE TOP