占術紹介

ホーム > 占術紹介 > 霊感・霊視

そもそも、霊感・霊視とは?

日常会話の中でもたまに、「私って霊感強いかも」だとか「霊感で幽霊が見えた・金縛りにあった」だとか口にする機会もあるかと思います。では、そもそも霊感とは、あるいは霊視とはどういったもののことを言うのでしょう? その定義は厳密にいえば諸説あるかもしれませんが、ここではごく一般的かつ私ども電話鑑定SPRに所属する霊能者に則った説明をいたします。ひと言で要約すれば、霊感・霊視とは、普通の人間の目には見えないもの、あるいは隠されたものを感じたり視たりする能力のことです。しかしその対象は、たとえば幽霊、あるいは守護霊や背後霊、地縛霊のような霊的な「存在」だけではありません。他人がその時に考えていることや本心、過去・現況・未来、あるいはその場にいない人間のルックスなど肉眼では視ることのできない形のないもの、それらを視たり感じたりする能力の方が、むしろ霊感や霊視の本質であるとも言えるのです。
また、ここでは霊感・霊視とひとくくりにしていますが、この2つの占術の間にも違いはあります。わかりやすく言えば、霊視が他人の本心や過去・現在・未来などが、脳内に映し出される映像的なビジョンとして細部まで視える能力であるのに対して、霊感の方は映像的ビジョンを通してというよりは、より直感的に頭でひらめき、肌で実感する超感覚であると表現できるでしょう。このように2つの占術の間に違いがあるにもかかわらず、しばしばひとくくりにされる理由は、どちらか片方の占術を駆使する者は、たいていの場合もう片方も使えるからなのです。

霊感・霊視を備えているのはどんな人?

霊感や霊視の能力を備えた人のことを、文字通り霊能者と呼びます。もっとも、どの世界でもそうであるように、ひと口に霊能者といっても、霊感・霊視の能力(レベル)にはそれぞれに差があります。たとえば、その能力を比較する1つの目安として、霊感・霊視で状況を読み取るスピードというのがあります。中級のレベルあたりまでの霊能者では、鑑定を始めてから相談者の本心や状況、あるいはその方が知りたいことなどを読み取る(視える)までにそれなりの時間を要します。しかし、これが高度な霊能力を持つ霊能者になりますと、瞬時にそれらのことを読み取り、視ることができるのです。
もう1つの目安としては、どれほど詳細な部分まで相談者およびそのお相手のことを読み取り、視ることができるかという、霊感・霊視の正確性が挙げられます。たとえば霊視の場合であれば、霊能者の脳内に浮かび上がる映像的なビジョンがどれほど鮮明であるかによってその霊能者の霊視能力が分かるというわけです。もちろん、この霊視という占術は肉眼で対象を視るわけではないので、通常の視力とは何ら関係ありません。逆にどちらかというと、視覚や聴覚が弱い方の方が、霊感や霊視が鋭いことが多いという説さえあります。ちなみに、私どもSPRに在籍している霊能者は皆、厳選なオーディションを重ねて選び抜かれた格の高い霊能者ばかりです。したがって相談者と電話がつながると瞬時に、あらゆることを極めて具体的に言い当てることができます。

霊感・霊視で解決できる相談内容

霊感や霊視をもちいた電話占いは、四柱推命などのいわゆる統計学を利用した占いとは異なります。ひと言でいえば、相談者が抱えている悩みや苦しみを解決することのできる占いなのです。そして相談者の過去や現況、その方が気になるお相手の心や相談者との未来、それらすべてを見通すことのできる霊感・霊視は、電話占いで相談者の悩みを解決し、願いを叶えるための基本となる重要な占術だと言えるでしょう。たとえば復活愛や不倫といった複雑な恋愛の場合ならば、お相手の本心を知ることにより、そこからどう行動すれば願望を成就することができるのか、その道筋が自ずと見えてきます。また、霊視によって未来を視ることも可能ですので、もし望む霊視結果でなかった場合には、その時点で霊能者に解決方法を見つけてもらうことで未来を変えることができるのです。

14年間で21万人を超える<span>鑑定</span>実績!

PAGE TOP