スピリチュアルドア

ホーム > スピリチュアルドア:愛の直感を呼び起こす呼吸法と瞑想

愛の直感を呼び起こす呼吸法と瞑想

「大好きなあの人に振り向いてもらいたい」「片思い相手の心の声を聞くことができたら…」
恋をする女性なら誰しも一度は考える切ない願い…それがもし現実に叶うとしたら、貴女はどう思いますか?霊能者や超能力者の話ではありません。平凡な人間である私たちひとりひとりのなかに、じつはそうした鋭い霊感パワーが隠れているのです。恋愛を成功させるために不可欠な、神秘の霊感を磨く方法をお教えいたします。

呼吸のしかたひとつで人生が変わる

腹式呼吸という言葉を聞いたことがありますか?それは胸ではなく、お腹で行う呼吸です。もっとも実際には人間は肺で呼吸していますので、吸い込んだ空気がお腹に息が溜まるとイメージするだけで良いのです。気功や太極拳などの東洋武術(健康術)では、宇宙から降りた活力エネルギー(気あるいはプラーナと呼ばれる)はいったん人体の下腹付近にあるセンターに溜め込まれるとされています。そのセンターのことを丹田と呼び、この箇所を活性化させることで高次の意識変容が起こり超人パワーを発揮することもできるようにもなると考えられているのです。

意識的に腹式呼吸をおこなっているとこの丹田が刺激され不運を引き起こす原因にもなる無用な不安や恐怖心が取り除かれ、精神的安定を得ることができるようになります。肉体生理面では交感神経と副交感神経のバランスが正常に戻り、免疫力の高い健康体になることができます。さらに腹式呼吸は貴女の恋愛のあり方自体も変えてくれます。たとえば、片思いに悩みなかなか告白できない人…単に「勇気がない性格」と言ってしまえばそれまでですが、そうした意気地無しタイプというのは、見方を変えれば単に気力(精神エネルギー)が不足している人と言うこともできるのです。

腹式呼吸を続けているとそうした性格自体が変わり、引っ込み思案な人も明るく積極的になることができます。複雑な現代生活で摩耗した精神が宇宙でエネルギーによって癒され、人間本来の旺盛な生命力が甦ってきますので、自分に自信が持てるようになるでしょう。それと同時に異性を惹きつける魅力まで高まって、今時の言葉でいえば「フェロモンの出ている女」になることも夢ではありません。

直感が高まり霊能力をあらわす人も…

腹式呼吸を続け、絶えず新しい宇宙エネルギーを体内に取り込むことで、意識が次第に研ぎ澄まされていきます。それは貴女自身の直感力を飛躍的に高めてくれるでしょう。ふとしたことで相手の考えていることが分かるようになったり、未来に関するビジョンが浮かんだり、あるいは長年の願望が次第と現実化していくなど、霊能力にも似たパワーを発揮し始める人さえ出てきます。事実、呼吸法はヨガや古神道の修行法でも体系立てた形で取り入れられており、そこでは人間は呼吸を自由に制御することで神のビジョンを身の内に感じ、広大無辺の大宇宙と一体化できるとさえ考えられているのです。

この素晴らしいパワーを貴女にも身につけていただくために、腹式呼吸を取り入れた霊感増幅と願望達成の瞑想法をお教えいたしましょう。

腹式呼吸+太陽瞑想の方法

この方法は、晴天の午前中に、できるだけ屋外で行ってください。

  1. 太陽が出ている方角に向って背筋を伸ばして立ち、口から五秒ほど息を吐く。その際、ひとまずは肺に残った空気を吐き切り、今度は空気が下腹(丹田)に溜まっていくイメージを描きながら鼻からゆっくりと息を吸い込む。

  2. 息を吸いきったら、再び鼻から吐く。吸うのに五秒、吐くのに十秒を使い、あわてずゆったりとした気持ちでそのまま五分ほど呼吸を続ける。その際には目を閉じず、太陽の下の風景などをぼんやりと眺めること。同時に天から降り注ぐ白色のエネルギーが下腹に溜まり、それが体内を循環するイメージを思い描く。

そのイメージを鮮やかに思い描けるようになったら、その中に自分の願望イメージを付け加えていく。

例えば、光のエネルギーが体内にチャージされて身体が輝きだし人々を魅了するパワーを自分が発揮している様子などを思い描いても良いし、具体的な言葉「私は愛されている」「私は魅力的だ」などのポジティブな言葉を無言で唱えても可。恋愛の願いなら、恋する相手と自分が寄り添っている姿をイメージするのも効果的。

雨天でない限り、上記の呼吸瞑想を毎日続けてみてください。慣れてきたら、一回に吸う時間と吐く時間を最終的に三倍の長さにまで伸ばしていきましょう。

早い人では数週間、そうでな人でも三ヶ月ほど根気よく続けていると、自分の中で何かが変わってきていることを自覚できるようになります。恋愛を成就させたい方はもちろん、明るくなりたい方、健康的になりたい方もぜひ試してみてください。

"スピリチュアルドア"掲載記事

14年間で21万人を超える<span>鑑定</span>実績!

PAGE TOP