スピリチュアルドア

ホーム > スピリチュアルドア:前世愛のパターンで今生の恋愛がわかる

前世愛のパターンで今生の恋愛がわかる

今世での恋愛問題を根本的に解決するには、霊視やチャネリング、退行催眠などのメソッドによって前世での恋愛体験を徹底検証する必要があります。不倫や略奪、失恋などの不運な恋愛には、前世における貴女の恋愛パターンが深く関わっているのです。そのメカニズムと、どうすれば愛のカルマを脱出して幸福になれるのかをお教えします。

今世で不倫愛に陥る人は、前世でも恋愛トラブルを抱えていたことが多い

貴女はどうして道ならぬ恋に身を投じてしまったのでしょうか。既婚男性を好きになってしまう場合、次の3つのパターンが考えられます。

  1. 妻子の存在を知らずにお付き合いを始めてしまった。

  2. 結婚していることは知っていたが、どうしても自分の気持ちを抑えられなかった。

  3. 好きになった人に妻がいても関係ないと思った。あるいは他人のものだからこそ、手に入れたくなった。

1と2の場合は、前世における恋愛トラブルが暗示されています。
前世で人から恨まれるような恋愛をしていたために、その恨みが因縁となって現世に持ち越されてしまっているのです。私たちはこのタイプを仮に「トラブル因縁型」と呼んでいます。

さらに2のケースでは、不倫相手と前世においても恋人同士であった可能性もあります。
これは言わば「魂の呼び合い型」とでも呼ぶべきパターンです。肉体は別人に生まれ変わっても、魂の中には前世の記憶が残っているので、ふたつの魂が再び同じパターンを繰り返そうとします。

確信犯で不倫をする人は自己のカルマに絡め取られている

1と2のケースはまだ同情の余地がありますが3の場合となると「しかたがなかった」という言葉では済まなくなってきます。
3のように確信犯的に不倫へと陥るケースは、霊的な観点からしても非常に問題です。
こうした人の場合は前世でもやはり同じような不貞を働いていた「ロールプレイング型」と考えられます。本来、人間の魂は輪廻転生の中で自らのカルマを昇華させようと努力するものなのですが、自ら望んで不倫関係を結ぶ人は欲界のカルマに完全に絡め取られてしまい、霊的成長を促す真我(個人の魂の最奥に眠る宇宙神の分け御魂)の部分が眠っている状態にあります。そのため何度転生しても同じ行為を繰り返してしまうのです。

魂が納得することでカルマは自然に解消へと向かう

1や2のような「トラブル因縁型」または「魂の呼び合い型」の場合、貴女が真の幸せを掴むためにはまずその因縁の実態を知ることが不可欠です。
これは前世でどのようなトラブルがあったのかを具体的に明らかにした上で今、どうしてこうなっているのかその原因をはっきりと突きつけて本人に納得させ、同時に無意識に背負っていたカルマを解消する方法です。
「彼と私は前世で夫婦だったから、今世でも惹き合ってしまったのだ」
「彼の奥さんは前世では愛人の立場だったが、今世では私が苦しみを味わう立場に陥ってしまった」

こうした前世ヒストリーを知るだけで、不倫という関係がもたらす無益な罪悪感から解放されます。それによって冷静さを取り戻し、不安定な状況を脱するための現実的方策を取れるようになるのです。 (たとえば、離婚調停に向けて彼を促し、その際に相手が不実な態度を取り続けるならば、自ら身を引いて別の恋人を見つけるなど)
具体的な前世リーディングに関しては電話鑑定SPRの霊能者へご相談いただければ、即座に対応させていただきます。詳細に前世を霊視したのち、ケースごとに適切な助言をお授けいたしますので、ぜひ電話鑑定SPRにお問い合わせください。リーディングによって貴女の該当パターンが「魂の呼び合い型」であった場合は、困難を乗り越えても不倫を成就させることが一番の解決法となります。私どもではこのパターンに限って、運命の流れに逆らうような行為は一切お勧めしません。むしろ、祈念や想念操作などの霊的手法を用いて、貴女の願望達成をサポートする形を取ってまいります。

なお、3の「ロールプレイング型」の場合も、まずご自分が前世で同じ行為を繰り返していたという事実を自覚する必要があります。このタイプは非常にカルマが深く、今世で因縁の連鎖を止めなければ浄化不能となってしまいます。生まれ変わるごとに魂のレベルが低下し、未来永劫、無明の闇を彷徨い続ける事態にもなりかねません。電話鑑定SPRにて魂の浄化を受けていただければ、無意識に背負ったカルマを昇華させると同時に現在の不倫関係の状況も好転へと向かわせることができますので、ぜひお申し込みをご検討ください。

今世で略奪愛に苦しむ人は、前世で誰かの恋人を奪っている

友人や知り合いの恋人を略奪したり、逆に恋人を略奪されたりする人は、前世でも同じような奪い合いの渦中にあったと考えられます。前世で他人の恋人や配偶者を奪った場合は、今世ではその償いのために自分が略奪される立場に晒されます。また前世において愛する人を略奪されると、その強い恨みがカルマとして結晶し、今度は自らが略奪する側に立ってしまうのです。
何度生まれ変わってもこの同じパターンを繰り返す「反動・反復型」が多いのも、略奪愛に苦しむ人々の特徴です。こうした反復のカルマを脱却するためには、転生した際に前世の思いを残さないようにする必要があります。

もし貴女が今世で略奪をされた立場であれば、恋人を奪われたことは前世での自らの行ないのための償いであると受け入れ、恨みの念を捨てることです。言うほど簡単にできることではありませんが、このように思い切ることができればそれまでのカルマは瞬時に解消され、新たな素晴らしい出会い運が貴女の元へ巡ってくることでしょう。
しかし、どうしても諦めることが不可能と思われたのなら、徹底抗戦を貫くという手もあります。その場合は、どんな手段を使ってでも恋人を取り戻してください。そうすることによって復讐の念を来世に持ち越すことがなくなり、少なくとも新しいカルマを積み重ねずに済みます。ただ、略奪者側の女性の恨みは依然として残存しますから、来世においても似たような状況が待っていることは覚悟しなくてはなりません。
できれば奪う側と奪われる側の双方が同時に納得して、相互のカルマを解き放つ形が望ましいのです。ただし、それは現実問題としてはなかなか難しいことですが…。

愛が成就しない人や失恋する人は、前世で愛情に恵まれていた

「何度告白しても成就しない…」
「交際が始まってもすぐに振られる…」
私ども電話鑑定SPRの霊能者の元に寄せられる悩みの半数近くはそうした「愛の不成就」のお悩みです。「愛されない」苦悩を抱えている方は前世でも似たような境遇ではなかったのかと思われがちですが、じつはその逆なのです。

実際に前世透視をしてみますと、このような方のほとんどが前世ではとても幸せな恋愛と結婚を経験していたことが分かります。何ひとつ悩むことなく、周囲からは祝福を受け、理想的な愛を全うしたのです。
つまり前世で愛の素晴らしさを知った貴女は、今世では報われない辛さ、愛の残酷さを知ることが魂の課題になっています。相手から愛してもらえない悲しみや惨めさを経験することで人間的により成長し、ひいては他人に対する思いやりの心を芽生えさせることが求められているのです。そのカルマさえクリアできれば今世での魂の目的も達成され、恋愛運も自然に上昇へと転じるでしょう。

ただまれに魂が今世での目的を果たしたと感じていても、容易に命運が切り替わらないことがあります。一度決められてしまった運命のリズムが習性になってしまい、本人の自覚だけではそこから脱却できないというケースです。このような場合、電話鑑定SPRではオーラや霊体の浄化、波動修正などの霊的技法を用いて、恋愛運を含めた運勢全般の向上を図ります。

この運命転換(波動修正と浄化祈念)については電話鑑定をお申し込みの上、霊能者に直接お訊ねください。霊視、助言とともに適切な対応をさせていただきます。

"スピリチュアルドア"掲載記事

14年間で21万人を超える<span>鑑定</span>実績!

PAGE TOP