スピリチュアルドア

ホーム > スピリチュアルドア:チャクラを開いて良い気を取りこむ

チャクラを開いて良い気を取りこむ

多くの方は、チャクラという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?
チャクラとは、サンスクリット語で“車輪”を表す言葉。人の体にあるプラーナ(気)の出入り口で、チャクラが開き、正常に働いていれば、精神的にも肉体的にも良い状態になります。エネルギーにみちあふれ、脳が活発化するので、直感や想像力が高まります。

ではチャクラとはどこにあるのでしょうか?チャクラは大まかに分けると7つあります。
背骨に沿って、下から第1、第2…となっていきます。

第1から第5のチャクラは主に肉体、第6のチャクラは感覚や精神、第7のチャクラは霊性や宇宙意識と深く関連しているのです。対応している部位と、その働きは以下のようになります。

7 サハスラーラ

脳・霊性・直感・宇宙意識

6 アージュニャー

目・神経系・直感・知恵・感覚

5 ヴィシュダ

咽・甲状腺・副甲状腺・気管支

4 アナーハタ

心臓・肺・循環器

3 マニプーラ

胃・肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・消化器

2 スヴァーディシュターナ

生殖器・膀胱

1 ムーラダーラ

腎臓・副腎・腸・骨格

では、実際にチャクラを開き、良い気を取り入れるにはどうすれば良いのでしょう。いくつかその方法をご紹介したいと思います。

瞑想

瞑想を続けて行くと、ストレスから解放されるようになり、自然とチャクラが開くようになっていきます。すぐに開くことは難しいでしょうが、続けることが肝心です。瞑想する時には、チャクラがあるという部分に光の球をイメージしてみましょう。その時に、対応するチャクラの色の光を思い描いてください。集中することで、だんだんチャクラが開くようになっていきます。

パワースポットに行く

気が出ているパワースポットに出向いてみましょう。強い気を受けることで、チャクラが活性化されます。

パワーストーンを持つ

チャクラを開くためには、マイナスエネルギーを排除することも大切です。すべてを浄化する水晶は、チャクラを活性化するのに良い影響を与えます。水晶に限らず、自分が心地よいと感じるパワーストーンを持つと良いでしょう。

自然の中に身を置く

自然は、パワーの源です。自然の中に身を置くことで、体の中にたまった悪い気が体内から出され、プラスの気がたっぷりと吸収できます。そうすることで、チャクラが開きやすくなります。

アロマオイルを使う

それぞれのチャクラを刺激するアロマオイルを使用して、活性化しましょう。
 <サハスラーラ> ジャスミン、ローズ、ラベンダー
 <アージュニャー> ローズマリー、ジュニパー、タイム
 <ヴィシュダ> カモミール、ジャーマン、ミルラ
 <アナーハタ> ジャスミン、ローズ、メリッサ
 <マニプーラ> ベチバー、ジュニパー、ベルガモット
 <スヴァーディシュターナ> ローズ、ジャスミン、サンダルウッド
 <ムーラダーラ> ミルラ、フランキンセンス、ローズウッド

チャクラを開き、良い気をとりこむようにすれば、精神的にも肉体的にも充実した毎日を送ることができるのです。
良い気をとりこめるよう、生活環境にも気をつけると、より効果が出やすくなります。清潔な環境を心がけ、生活習慣を正すことも心がけるようにしましょう。
そうすれば、貴女のまわりの「気」自体がとても良い状態になり、とりこんだ時によりよい効果を与えてくれるはずです。

"スピリチュアルドア"掲載記事

14年間で21万人を超える<span>鑑定</span>実績!

PAGE TOP