スピリチュアルドア

ホーム > スピリチュアルドア:グラウンディングで意識を整え運気アップ

グラウンディングで意識を整え運気アップ

スピリチュアルが一般社会に浸透した昨今、「パワースポット」や「癒し」といった概念はテレビや雑誌などでよく耳にする単語となってまいりました。しかし、メディアで紹介されるスピリチュアルはあくまで表層的な一面。決してパワースポット巡りに効果がないわけではありませんが、そういった行為をする前にやっておいた方が良いスピリチュアルテクニックがたくさんあります。今回はそんなスピリチュアルテクニックの基本中の基本である「グラウンディング」について簡単に説明していきます。

グラウンディングとは何か

広義には「グラウンド(大地)にしっかり根ざして生きること」を指します。これはスピリチュアルにおけるグラウンディングの根幹となる発想です。スピリチュアルは地球や宇宙そのものとなる大きなエネルギーを感じ、精神と肉体を同調させ、一体となることで意識を高めていく流れが基本となります。その際、まず我々のもっとも身近にある大地にしっかりと意識を根差させるのは、瞑想やヒーリング、パワースポット巡りの効果を高めるために必要不可欠です。またパワーストーンを身につけている方は、石そのものが大地の産物ですから、意識を大地とつなげるグラウンディングは石のパワーを飛躍的に高めることになります。グラウンディングはスピリチュアルの基本中の基本なのです。

グラウンディングが出来ていないとどうなるか

グラウンディングが出来ていない人は「地に足がついていない状態」となります。それゆえ、自分の意思や感情、自我が希薄となり、ただ他人の感情に流されるままに生きるだけの弱い人間となってしまいます。誰かにいいように振り回されたり、ほんの少しのことで傷ついたりするでしょう。またグラウンディングが出来ているしっかりした人にまったく相手にされませんので、良い出逢いや恋愛とも無縁になります。さらに、自分の気持ちがネガティブに向かい始めた時、それを自分で立て直すことが出来ないので、精神的な悪循環が発生しやすく、一度悪いほうに向かうとどん底まで落ちてしまいます。

誰でもできる、簡単なグラウンディングの方法

では、どうすればグラウンディングが出来るようになるか。根本的にグラウンディングは精神的な部分の感覚を研ぎ澄ませることによってこの世界全体の摂理に通じていくことですので、一朝一夕で出来るものではありません。ですが、習慣づけることで「グラウンディングができている状態」に近づける方法はあります。最も効果的なものがチャクラを意識した『瞑想』です。
第1チャクラは、人間の尾骨(お尻のつけ根にある骨)の内側、ちょうど肛門と性器の間のあたりにあります。このチャクラは人間の生物的な部分を司っており、また大地からの気を体内に取り入れるための「門」の役割を果たしています。この第1チャクラを意識した瞑想こそが、誰でもできる簡単なグラウンディングです。
まず、リラックスした状態・環境で、座して背筋を伸ばした姿勢で目を閉じます。そして第1チャクラのある場所を意識します。次に、大地をイメージし、その第1チャクラと大地を繋ぐイメージを描きましょう。大地からあなたの第1チャクラに向かって地球の自然エネルギーが流れ込んでいき、またあなたの第1チャクラから大地に向けて循環した気がどんどん抜けていきます。第1チャクラを通して、身体が大地のエネルギーが循環するパイプのようになるのです。そうしているうちに、あなたの体内にある淀んだ気はどんどん浄化され、自然の澄んだエネルギーで満たされるようになります。そうなったら、そのままチャクラを閉じないようにしましょう。あなたは自然とひとつになり、そのエネルギーを絶えず循環させる綺麗な入れ物になるのです。

実践することで強く優しい人になれる

まず、瞑想を毎日の日課とし、瞑想の際にこのイメージを必ず想起するようにしましょう。そうすることで、あなたをいつも苛んでいた恐れ、不安、孤独はじょじょに和らぎ、その代わりにあなたの内側に安心感が広がっていきます。安心感は自己肯定と精神的安定に繋がります。グラウンディングが出来ているあなたは全てのものと繋がっているからです。あなたは強く優しい人になれるのです。スピリチュアルの基本であるグラウンディングを、ぜひ今日から実践していきましょう。

"スピリチュアルドア"掲載記事

19年間で33万人を超える<span>鑑定</span>実績!

PAGE TOP