霊能者対談

ホーム > 霊能者対談:静霊能者&八重子霊能者

静霊能者&八重子霊能者の霊能者対談

これまで電話鑑定SPRの鑑定を受けたお客様、ホームページを愛読くださっている方々へのご愛顧にお応えして、私どもが誇る的中率抜群の霊能者によるミニ対談を掲載いたします。電話鑑定SPRの霊能者の先生方は日頃どのような形で鑑定業務を行なっているのか、またプライベートに関わることなど幅広く語り合っていただきました。貴女の鑑定のご参考になれば幸いです。

増え続ける“出逢い”と“結婚”に関する相談

今日はお忙しい中、この対談の企画に応じていただき、ありがとうございます。

静霊能者「どうも。よろしくお願いします」

八重子霊能者「よろしくお願いします」

さっそくお話しをうかがいたいと思います。まずは、お2人が最近の鑑定でお気づきになった点、気になる事柄などがあればお聞かせください。

八重子霊能者「そうですね。あえてキーワードをあげるとすれば、『出逢い』と『結婚』に関するお悩み、願望を抱えている方が増えているのは間違いないですね。近年は、男女問わず未婚率や晩婚率、あるいは恋人がいない独身の方の割合が増えていることはメディアでもしばしば取り上げられていますが、電話占いの相談内容にもそのような傾向が如実に表われていると言えるでしょう」

静霊能者「私も同じです。やはり現在は、全般的にそういった傾向にあるということなのですね。以前であれば、結婚や出逢いに関する相談をされる方は20代から30代前半が大半を占めていたのですが、最近は30代後半から40代前半のいわゆるアラフォー世代が急増しているのが、日々鑑定を行なっているとよく分かります」

なるほど。たとえば、単純に恋人がほしいという理由から出逢いを求めている方と、良き結婚相手に巡り逢いたいという方とでは、鑑定のやり方に何か違いのようなものは出てくるのでしょうか?

八重子霊能者「ええ……。これに関しては、先に静霊能者のご意見からお聞きしましょうか(笑)」

静霊能者「基本的な鑑定方法には、そう違いはありません。ただ、やはりご相談者にとっての良き結婚相手、理想的な結婚相手となりますと、単に相性が良い相手というレベルで済ませるわけにはいかないのです。より深い部分まで霊視、透視を行なって深い結び付きのある相手を探す必要があります」

八重子霊能者「やはり同じですね。いま静霊能者が言われたことに私の方から若干補足させていただくと、深いレベルの霊視、透視というのは、時間的なスパンの広さまでも含みます。具体的に言いますと、ご相談者の現在、過去、未来のみならず、“同時に”前世までをも見通す必要があるということです。といいますのは、良好な結婚生活を送っておられる方というのは、往々にして前世からの強い結び付きがある相手と夫婦になっていることが実に多いのです。そしてそのような両親の間で生まれた子供は、親との結びつきや絆も、そうではない親子に比べて強いものになる。このことは、これまで鑑定を行なってきた結果として、確信を持って言えることです」

静霊能者「その通りですね。事実、前世からの強い縁と絆を持つ男女の夫婦生活が破綻したといったケースは、ほぼ存在しないといっても過言ではありません。それぐらい、理想の結婚相手を見つけるに際して、前世からの因縁というのは強い意味を持つのです」

願望成就のために重要なのは「タイミング」

そうしますと、前世でも深い関係にあったお2人というのは、現世でも結ばれる確率が高いということになるのでしょうか?

静霊能者「確率が高いという点に関してはその通りです。ここで“出逢い”を話に絡めますと、前世からの縁、よく言う“運命の赤い糸”というものは、当然ながら霊能者にしか見えないものです。ですから、仮にご相談者にとっての運命の相手が存在したとしても、それに気付けないことも多いと言えます。ですから、霊能力を使ってそのお相手を特定し、最良の方法、シチュエーションでご相談者と結び付ける。それがわれわれ霊能者に与えられた重要な役割なのですよね」

八重子霊能者「しかし、かといってその“赤い糸”で結ばれたお相手が、どこか遠くにいるまだ見ぬ存在だとは限りません。静霊能者、どうですか。鑑定の結果、ご相談者にとっての理想の結婚相手が、実は幼なじみのような旧知の仲の方だったというケースはありませんか?」

静霊能者「もちろん、あります。そのことを伝えると、たいていの場合ご相談者は驚いたような反応を示しますが、実際にお相手のことは好きだったので、“なるほど、そうだったのか”とすぐに納得されますね」

八重子霊能者「そうなのですよね。いわばご相談者は、われわれ霊能者が行なった鑑定の結果を聞くことにより、身近にいた相手が実は運命の相手であったことにお気付きになるというわけです。ことほどさように、いくら一生懸命に婚カツを続けても一向に上手くいかない場合は、既によく知っている相手の中に望む結婚相手がいらっしゃるというケースが少なくありません」

静霊能者「ええ。そのようなお2人というのはほとんどの場合、強い縁で繋がっていますから互いに惹かれ合っているのですが、これまで気持ちを打ち明け合うタイミングを逸していたり、自分の本心に気付いていなかったりして深い関係を結ぶ機会が訪れなかったのですね」

八重子霊能者「そう考えると……これは結婚だけではなく恋愛一般にも当てはまりますが、2人が出逢うタイミング、想いを打ち明けるタイミングというのがいかに大事なものかということが改めて分かります。繰り返しになりますが、最良のタイミングでご相談者とお相手を出逢わせたり、結びつけたりすることは、われわれ霊能者しか出来ないことであり、課せられた大きな役割なのです」

"霊能者対談"掲載記事

14年間で21万人を超える<span>鑑定</span>実績!

PAGE TOP