霊能者が読み解く予知夢の神秘

ホーム > 霊能者が読み解く予知夢 > 好きな人の夢

予知夢について

好きな人の夢

好きな人がいる田村昌美さんは、30歳のOLです。田村さんは、30歳の誕生日を迎えたのを機に、ずっと好きだった同僚へ告白しようか悩んでいます。田村さんと同僚は長い間、気の合う飲み友達で、田村さんが気持ちを伝えることにより、この関係を崩したくないと考え、思いを伝えることなく過ごしてきました。そこで田村さんは、以前から気になっていた電話占いで占ってもらおうと考え、相談に訪れました。

田村さん
「はじめまして、田村といいます。」
霊能者
「はじめまして、ようこそお越しくださいました。ところであなたは今、屋上にいますね?」
田村さん
「はい、その通りです。よくわかりましたね!」
霊能者
「私は今あなたとの電話を通じて、あなたの周囲の様子を霊視しています。あなたのご家族に聞かれないようにと、屋上から電話していますね。」
田村さん
「はい、そうなんです。私の家のマンションは壁が薄いので、隣の部屋の話声がけっこう聞こえるんですね。そのため、屋上から電話をかけています。」
霊能者
「そうですか。ご両親に聞かれるのは、ちょっと照れるような内容ですものね。さて本題に入ります。あなたは今、好きな人がいますね?」
田村さん
「え!どうしてわかったのですか?!」
霊能者
「あなたがずっと思いを寄せている男性の姿がはっきりとみえます。あなたと彼は、職場の仲間ですね?」
田村さん
「はい、彼は職場の同期です。彼は気があう同僚と思ってくれているようで、たまに飲みに行く仲なんです。」
霊能者
「あなた方は、とても良い相性をしていますよ。」
田村さん
「ありがとうございます。そう言っていただけて、とてもうれしいです。」
霊能者
「しかし、あなたは彼の気持ちに気がついていませんね。」
田村さん
「え?それはどういう意味ですか?」
霊能者
「あなたも彼に好意を抱いているように、彼もあなたに好意を抱いています。」
田村さん
「え!まさか、そんな・・・。私は彼のことを好きですが、彼は私のことを恋愛対象としてみていないと思います。」
霊能者
「いいえ、彼も好意を抱いています。あなた方は、お互いに好意を抱きつつも、お互いが実らない恋だと感じている姿がみえます。」
田村さん
「本当ですか…。まさか夢みたい。」
霊能者
「あなたは何度か彼との夢を見ていますね?」
田村さん
「はい、見ています。よくわかりますね!」
霊能者
「あなたはこれまで、何度も予知夢を見ています。」
田村さん
「予知夢ですか~!そうなったらいいなあと思うような夢は、何度か見た記憶があるんですが、予知夢だとは考えてもみませんでした。そういえば昔から何度か、夢に出てきたことがそのまま現実になった記憶があります。」
霊能者
「あなたは予知夢に対し、半信半疑の気持ちを持っています。今後そういった気持ちは、取り除いて夢を観察してください。あなたは感性がするどい人間であり、これから起きることを予知夢として見ることがあります。例えば、あなたの好きな彼との結婚式の夢です。昨日の夜、この夢を見ましたね?」
田村さん
「結婚式の夢を見たことを、ご存知だったんですね!彼に思いを伝えることすらできていないのに、どうしてこんな夢を見たんだろう?って不思議に感じていたんですよ。私は自分の願望を夢で見てしまうんだろうか?って」
霊能者
「彼との結婚はあなたの願望でもあるでしょうが、この夢は予知夢です。予知夢はあなたの未来を映し出しています。霊界からは夢の中の方が接触しやすいため、守護霊をはじめとした霊が、予知夢を見せているのです。あなたの背後には、あなたが生まれたときから見守ってくれている守護霊がいます。長年にわたり、彼への思いを伝えられないあなたの背中をなんと押そうと、予知夢という形で、あなたの将来の姿を映しだしているのです。」
田村さん
「これが本当なら、こんなうれしいことはありません。信じていいのですか?」
霊能者
「もちろんです。私はあなたを霊視できますが、あなたの未来はあなたが決めることです。」
田村さん
「はい、ずっと彼とお付き合いできたら・・・と考えていました。1日たりとも彼のことを考えなかった日はありません。」
霊能者
「いいですか?あなたは自分にもっと自信を持って、未来への道を歩んでください。何事も失敗を恐れていては、何も手に入れることができません。失敗してこそ、また一回り大きくなれるのです。あなたと彼は長年にわたりお互いの気持ちをぶつけることで、幸せな結婚をすることができるでしょう。それともう1つ、あなたは曾お祖母ちゃんから贈られたルビーの指輪を持っていますね?」
田村さん
「はい、曾お祖母さんが生きていたころ、私にくれたのがルビーの指輪です。」
霊能者
「ルビーの指輪には、あなたの曾お祖母さんの願いが込められています。あなたが好きな人と結ばれ、幸せな結婚ができるよう念がこめられています。普段から是非、身につけるようにしてください。これにより、あなたの恋はますます成熟するでしょう。」
田村さん
「はい、わかりました。今日は相談に来て本当によかったです。どうもありがとうございました。」

こうしてルビーの指輪を身につけるようになった田村さんは、好きな彼に声をかけようと思った矢先、彼から食事の誘いがありました。この光景も、以前夢で見たことがあった田村さんは、予知夢について実感することとなります。その後、彼から告白を受け、2人は付き合いはじめました。
それから3ヶ月後、周囲の人から祝福され、2人は結婚します。その際の結婚式の光景は、田村さんが以前見た予知夢と同じ内容のものでした。田村さんは予知夢について、電話占いで鑑定してもらい本当に良かったと感じています。電話占いSPRでは、あなたが見る不思議な夢について解析し、アドバイスを送ることも可能です。霊感が強い霊能者は、あなたの夢を把握することが可能であり、予知夢かなんらかの警告をしめす夢かなど、お伝えしています。気になる夢を見た方は、お気軽にご相談ください。

15年間で24万人を超える鑑定実績!

PAGE TOP